世界のトップ旅行先の 1 つは日本です。 東京の世界クラスのショッピングから京都のユネスコ世界遺産まで、傑作が揃っています。 日本を訪れるなら、以下にリストされている11のアトラクションをお見逃しなく!

富良野のラベンダー畑(北海道)

富良野のラベンダー畑(北海道)

日本で 2 番目に大きな島である北海道は、美しいラベンダー畑が広がることから、日出ずる国を訪れるすべての人に人気の観光地です。この島の畑にある 7 つの異なる虹色に広がる花壇は、この島の最も魅力的で注目に値する特徴です。日本の北に位置するこの地域は、夏の間ずっと花の香りがしますが、最も魅力的なのはラベンダーです。

日本の北海道の農業成長の主な原動力は、何年も前から続くラベンダー栽培です。 1960 年代と 1970 年代にラベンダーの価格が下落したため、この花から作られた商品の需要も減少しました。その後、北海道は観光事業を促進するため、花への移行を成功させました。

SEE ALSO  夏に行きたい絶叫アクティビティやってきた | すべての知識はアクティビティ ホテル 関東に関するものです

毎年世界中から多くの旅行者がこの場所を訪れます。夏にはこの花が見頃を迎えるため、鮮やかなラベンダー畑を一目見ようと訪れる人も増えています。

地元の人々は長い間ここで素晴らしい花を咲かせてきました。花は 6 月に咲くことが多く、7 月と 8 月に咲きます。ほとんどの花は 7 月と 8 月に起こります。ラベンダーの他にも可憐な花、オオカミの花、ユリ、ヒマワリ、サルビア、コスモスなど、6月から9月まで咲き続ける花々がこの地域で栽培されています。

北海道には大小さまざまな花畑がありますが、富田農園では数種類あるラベンダーのほとんどを栽培しています。ゲレンデ一面にラベンダー色の絨毯が虹色に敷き詰められています。十勝山の斜面から花畑が見渡せます。また、この美しい花畑を眺めながらコーヒーを楽しめるカフェもあります。

家族や友人へのプレゼントとしてラベンダーの花を購入したい場合は、ファームのギフト ストアを訪れてください。花畑は 24 時間営業ですが、土産物店は暖かい日は 17 時 30 分、その他の季節はそれより早く閉まります。

小樽運河(北海道)

小樽運河(北海道)

小樽は、その叙情的でロマンチックな思い出のために、日本を訪れる観光客に人気の目的地であることでよく知られています.美しさに関して言えば、この場所は間違いなく日本の他の場所と同等です.小樽を訪れる機会があった人は特に、小樽運河は見逃せません。この場所は、日本の中心にあるヨーロッパの風景を思わせる伝統的なロマンチックな場所と見なされています。北海道の交通の要所であるとともに、小樽は見逃せない桜の名所として知られています。

小樽運河への訪問者は、カップルに最適なロマンチックな雰囲気を味わうチャンスもあります.これが運河の特徴です。日が暮れると、辺り一帯のガス灯が優しい黄金色に輝き、どこか懐かしくて懐かしいイメージを醸し出します。また、この場所では、毎年 2 月に川でキャンドル ドロップ フェスティバルが開催されます。これは、北海道の人々にとって 1 年で最も人気のあるイベントです。キャンドルの灯りが幻想的な輝きを放つ街道を一目見ようと、毎年多くの観光客や市民が訪れます。

SEE ALSO  【アミー号】名古屋から東京まで1,800円で移動してみた | アミー 号のベストに関するコンテンツをカバーします

侍角館聖地(秋田)

侍角館聖地(秋田)

伝統的な日本建築の保存のための重要な場所は角館です。現在の角館の古都は、1620 年頃に地元の領主芦名によって設立されました。これらの 1 つである角館武家屋敷街道は、歴史的な武家屋敷を貴重な文化財として保持しています。角館にある石黒武家屋敷跡、青焼家屋敷、河原田家屋敷など、武家屋敷の歴史を知るツアーです。角館に行ったことがあれば、これらの場所を見ないでください。武家屋敷資料館は、角館の河原田家屋敷跡の中にあります。

穏やかな檜内川に映える400本以上の桜並木は、春になると多くの人で賑わいます。角館武家屋敷街道から徒歩5分ほどの桜並木で、1934年に整備されました。

カフェやレストランなど、角館には老舗の飲食店がたくさんあります。稲庭うどんが有名です。この食事は、300 年以上の歴史と豊かな習慣があります。うどんは従来のうどんよりも滑らかで細め。稲庭うどんは、生地をこねて麺を包丁で切るのではなく、そうめんのように手で生地を伸ばして繊維をほぐすという特殊な製法で作られています。

金沢21世紀海洋美術館

この美術館は、「新しい文化の開拓」と「新しい街のにぎわいの創造」を目的として、2004年10月9日に建設されました。 美術館に収蔵されている作品の中で、最も注目を集めているのは、レアンドロ・エルリッヒ作「水泳プール」です。 遠くから見ると普通のプールに見えますが、近づいてよく見ると人が歩いているのが見えます。

「公園のような街に美術館を開く」をコンセプトに建てられた美術館。 建物は円形に建てられており、「表裏」に関係なく全方向に入口があります。 外はガラス張りなので、中に入ると空や木々など外の景色も楽しめます。

白川村(岐阜県)

日本の中部、岐阜県にある白川郷の古代の村。名古屋から車で約2時間、日出づる国屈指の個性豊かな村。ユネスコの世界文化遺産に認定されています。白川郷とは日本語で白十字香を意味し、白い川の村を意味します。時が止まったような現代の生活から遠く離れた白川郷は、ノスタルジックで平和で、空気の匂いが妙に澄んでいる。

SEE ALSO  [4K] 神秘の絶景 アブダビ シェイク・ザイード・グランド・モスク - Sheikh Zayed Grand Mosque in Abu Dhabi, UAE - | アブダビ モスクに関する最も正確な情報の概要

白川郷の特徴のひとつが、築400年を超える古民家。ここの家々は合掌造りと呼ばれる傾斜のある茅葺き屋根の建築で、村人を吹雪から守るために手を組んだように見えます。これらの茅葺き屋根は通常、厚さ 50 cm で、釘で固定するのではなく、ロープで結びます。家の本体は木製で、黒檀色です。家の真ん中には、昔の日本映画の設定のような共通の火があります。

この村は冬が一番美しいとよく言われますが、その時期は雪が白く、積雪量が 2m に達する年もあり、この時期の三角屋根は雪がまとわりつかない利点を最大限に生かしています。さらに、毎年1月と2月、白川郷の旧集落では、わずか4日間で冬のライトアップが開催されます。この時、村の家々は夕暮れから夜明けまで一斉にライトアップされ、まるで不思議の国の絵のようにきらめく華麗な光景を作り出し、訪れる人々を歓迎します。驚くに違いない。

高野山(和歌山)

高野山(和歌山)

高野山(高野山とも呼ばれる)この山は、日本で最も親しまれ、最も人気のある真言宗の聖地です。 この山には多くの歴史的な寺院があり、何時間も探索したり、仏教について学ぶ活動に参加したり、調和のとれた自然環境の中でトレイルを巡礼したりできます。

日本人、特に真言宗を信仰する人にとって、高野山への巡礼は多くの意味を持っています。 高野山は 2004 年にユネスコの世界遺産に登録されました。

直島(香川県)

直島(香川県)

香川県の南沖、瀬戸海 (日本) に位置する直島は、ユニークな現代建築と芸術作品で有名です。 もともと静かな漁村で、あまり注目されていなかった直島は、市長とベネッセコーポレーション、三宅親嗣との合意により、観光開発の可能性に目覚めました。 成功した取引により、この場所は現代建築のコレクション、驚くべき建築工芸品を備えたユニークなアートセンターに変わります…

同時に、直島は訪問者がリラックスし、風通しの良い平和な自然空間に浸り、自由にアートを探索するのに理想的な場所でもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です