北海道から沖縄までの「夜明けの国」に沿った各都市、各土地には、初めて日本を訪れる外国人旅行者を引き付ける独自のおいしい食べ物と料理の真髄があります。 世界中で、日本人はその社交性、細部へのこだわり、革新性、洗練さで有名です。 そして、最も単純な食品でさえ、常に明確で独特の風味を持ちながら、深く根付いているポジティブな特性を明確に表しているようです. ここの食事は西洋料理よりもシンプルなことが多いですが、古典的な優美な味よりも、微妙な人目を引き、熟練した色の混合と調和に重点を置いています。 次の食べ物は日本の都市の特徴です。

北海道:石狩鍋

北海道:石狩鍋

日本の北部にあるこの島は、素晴らしいスキー場と長く冷たい空気で知られています。 おそらくその結果、家族や友人と集まって「鍋」(石狩鍋)を食べることが、ここの人々を温める最も迅速かつ効率的な方法です.

北海道の首都である札幌市の北にある都市にちなんで名付けられた石狩鍋は、鍋として知られる日本の「鍋」の一種と見なされています。 肌寒い冬の夜に、とろサーモン、大根、玉ねぎ、豆、豆腐、キャベツ、ニラ、しいたけなどのおいしい具材がたっぷり入った、湯気が立ち上るスモーキーな鍋の柔らかな暖かさを感じるよりも良いことはありませんか?

SEE ALSO  初めての梨が美味すぎて驚きを隠せないウサギ | うさぎ 梨に関するコンテンツを最も正確にカバーします

札幌:札幌ラーメン

札幌:札幌ラーメン

実はラーメンは明治時代に日本に伝わった中華麺の一種です。 しかし今日、ラーメンは日本だけでなく非常に人気のある日本食の定番です。 日本のほぼすべての場所に独自のラーメンの味がありますが、札幌地方は依然として最も有名です. 見た目は地味な札幌ラーメンですが、奥が深く爽快な味わいです。

伝統的な札幌ラーメンは、細かくスライスされ、大きな塊にカットされた豚肉と一緒に、黄色のちぢれ麺とコシのある麺を使用して調理されることがよくあります. 焼き豚、たけのこ、野菜炒め、もやしのラーメンは、日本人に人気のラーメンの組み合わせです。 塩と脂の絶妙なバランスが札幌ラーメンの魅力です。

京都:湯豆腐

ゆどうふは、「シンプル」や「ヘルシー」という言葉でよく使われる日本の歴史的な首都、京都のいくつかの食品の 1 つです。 古都・京都の住人が作る、軽やかで繊細な食事

文字通り「調理された豆腐」と訳されるこの食事は、アジア人全般、特にベトナム人の間でよく知られています。 しかし、湯豆腐はその独特の調理技術と補完的な味のために特によく知られています.

豆を生で、揚げて、またはケチャップと一緒に食べることが多いベトナム人よりも、日本人は豆を食べる際により多くのステップを踏みます. 豆は、鍋のようにスープ鍋でゆっくりと調理する必要があります. その後、昆布と野菜をトッピングし、柚子胡椒とポン酢でお召し上がりください。 特に南禅寺地方では「南禅寺豆腐」の愛称で親しまれています。

SEE ALSO  [smoothie] 豆乳バナナスムージー ☆ Soy milk banana smoothie | すべての知識は豆乳 バナナ スムージーに関する最も詳細なものです

高松:讃岐うどん

日本の主要な 4 つの島の 1 つ、四国の北岸に高松市があります。 うどんがおいしくなければ、この場所は人気の観光地にはなりません。

讃岐うどんとして知られるこの巨大な小麦ベースの麺の最もユニークな側面は、その何とも言えない柔らかさ、アイボリーホワイトの色合い、そして輝く麺です. ネギ、ネギ、天ぷらを添えて供されることが多い。 揚げ豆腐 讃岐うどんの価格も人気の要因です。 高松では、かけが1杯100円ほど。

東京:江戸前寿司

東京:江戸前寿司

東京で江戸時代から有名なファーストフードは、江戸前寿司 (1603-1867) と呼ばれます。 そして、私たちの大半は、この料理を寿司としてよく知っています. 日本を代表する料理として世界中に広まりました。

神から日本人への贈り物であり、日本人から世界への贈り物である寿司は、日本を語る上でよく取り上げられる。 最も壊れやすいものは、最も複雑な芸術作品を生み出す可能性があります。 実際には、寿司は本質的に、熟練したシェフが米酢で砕いた米の上に均等にカットされた生の魚のスライスからなる食事です. 簡単に思えるかもしれませんが、完璧な寿司皿を準備するには、アーティストでもあるシェフが毎日 7 年間練習する必要があるかもしれません。

SEE ALSO  カレイの干物用のさばき方と一夜干しの作り方 | 関連ドキュメントの概要かれい の 干物新しいアップデート

この食事は料理人の熟練したナイフ技術を必要とし、材料をすぐに使用することが重要です。 日本のシェフが優れているかどうかを判断する最良の方法は、彼の寿司を食べることであると言われています. このように、日本における寿司の重要性は明らかです。

名古屋:味噌カツ

名古屋:味噌カツ

1800年代後半、とんかつと呼ばれる料理がヨーロッパから日本にもたらされました。 そして今では日本人が食べずにはいられないほどの名物料理です。 カリカリに揚げた豚バラ肉を熱した油でカリッと香ばしい焼き色がつくまで揚げ、甘酸っぱいタレをかけます。

一般に味噌カツと呼ばれるトンカツは、通常、味噌ソースを添えて提供されます。 カツ味噌のお店にはそれぞれ独自の秘伝のタレがあり、甘みがありながらも食通を虜にする独創的なタレです。

大阪:たこ焼き

大阪:たこ焼き

たこ焼きは大阪で人気の屋台料理で、お祭り好きな人や食べ歩きが好きな人にはよく知られています。 1935年、遠藤留吉という男がここでこの料理を作りました。

屋台の料理人がこの食事を準備するのを見る喜びは、言葉では言い表せません。 たこ焼きは小さな玉のような形をしているので、生姜やタコ、ネギなどで味付けした生地を半球状の型に流し込んで作ることが多いです。 片面が完成すると、シェフはボールの半分をスポーツをするように巧みにフリップします。これには器用さと細部への注意が必要です。 たこ焼きは、焼きあがった後にマヨネーズ、ツナチップス、海苔を添えていただきます。

また、たこ焼きは各地でその地ならではの小麦粉を使って作られています。 サクサク、ふんわり、とろける食感が食べたくなったら大阪へ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です