日本は美しい景色と本格的な料理で有名です。 日本を訪れたとき、食べ物の面で寿司は必須の食事です. 食事は風味豊かで栄養豊富なだけでなく、美しく盛り付けられています。 今回は、訪日観光客にぜひ食べてもらいたい13種類の寿司をご紹介します!

なれ寿司 / なれずし

なれ寿司 なれずし

魚を塩漬けにする寿司は、紀元前 5 世紀から 3 世紀の間に中国で始まったと言われています。 なれずしとして知られるオリジナルの寿司は、東南アジアで何世代にもわたって作られてきました。 現在、従来の寿司として知られているなれずしは、8 世紀に日本で初めて登場しました。

SEE ALSO  【無限レタス】塩昆布でうま味倍増 レタスナムル簡単レシピ | 関連するすべてのコンテンツ塩 昆布 レタスが最も正確です

滋賀県の琵琶湖で産卵期にとれるフナと米を使い、なれずしを作ります。 その後、米酢、酒を加えて醸造し、発酵させます。 魚をきれいにして卵を取り除いた後、約1か月間塩漬けにします。 十分に水洗いした後、炊き込みご飯で再び孵化させ、さらに6か月熟成させます。

発酵を開始するためにのみ使用され、その後、発酵した魚だけを残して米の材料が取り除かれます.

にぎり寿司 / にぎりずし

にぎり寿司 にぎりずし

にぎり寿司とも呼ばれる楕円形のおにぎり寿司は、一番人気の寿司です。寿司レストランでは、にぎり寿司が提供されることが多く、さまざまなタンパク質が上に乗っている場合があります。にぎり寿司を作るために、日本の寿司職人は厳しい訓練を受けなければなりません。

米の炊き加減が鮨の味を大きく左右するため、鮨を美味しくすることは非常に重要です。寿司飯の風味が口に合うところならどこでも、地元の人々はよく寿司バーの飲食店に足を運びます。十分注意してください。

巻き寿司を海苔で包み、ウニやイクラなどの具材をのせた「軍艦巻き」。軍艦の日本語は軍艦です。だんごを楕円形に成形し、海苔で巻いて軍艦巻きを作ります。その後、具材(ウニorイクラ)を入れます。

にぎり寿司を指でつまむ前に、手をきれいに洗う必要があります。その後、醤油につけて召し上がれ。ただし、注意してください。味を完全にするために、ご飯を醤油に浸さないでください。

軍艦巻

軍艦巻

約70年前、人々は海の葉に酢を混ぜ、その上にイクラやウニなどをのせたおにぎりを発明しました。 戦艦のような形から「軍艦」と呼ばれ、「軍艦巻」と呼ばれるようになりました。 食べ慣れていない方は最後に食べたほうがいいです。

SEE ALSO  【サツマイモかりんとう】おばあちゃんが作るサツマイモかりんとう/簡単に出来てボリューム満点/カリカリシットリさつまいも🍠 | 最も詳細なさつまいも かりんとうに関連する情報をカバーする

手まり寿司

手まり寿司の外側が小さな球形のおもちゃのボールのようであることから、ボール寿司とも呼ばれます。 手まり寿司は、寿司飯と「トッピング」のボールを形成し、その上にイクラ、パクチー、マスタード、または少量の魚卵をトッピングして作られます.

押し寿司

押し寿司
押し寿司

成形された寿司は押し寿司として知られています。 うなぎ、サーモン、たまごなど一切れ。 四角い型に入れたすし飯の上にのせ、型を押して絞ります。 ぎゅっと締めることで、うなぎのタレに米の旨みが染み込み、食べてみるとなんとも言えないコクがあります。

太巻き

太巻き
太巻き

米国では、「太巻き」として知られる寿司の種類がより好まれており、地域の名前が付いたアイテムが含まれています. ホタテのチョップ、スパイシーなマグロ、牛肉または鶏肉の照り焼きロール、オクラ、キュウリやアボカドなどの野菜、「天ぷらロール」は、ロールで使用できるさまざまな食品のほんの一例です. ロールをつぶして天ぷら風に調理するか、エビの天ぷらをロールの中に入れます。 米国南部の多くの寿司レストランでは、エビやカニのロールを提供しています。 和食にも使われる玄米や黒米を使ってロールパンを作ることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です